« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月28日 (金)

コロナ禍でも

9

気ぃつけもってやらせていただきます。

jacky7super@nifty.com までメール下さいませ。

2020年8月27日 (木)

こってり

20200826_142538_resized

娘を誘って、コーヒー豆を買いに伏見区までドライブ。
 
途中、腹ごしらえに天下一品・1号線下鳥羽店へ。
 
デビューは二十歳。今出川店。
 
衝撃的でした。ラーメンを食べた気がしなかった。
 
しかし、また行きたくなる中毒性ブルース。
 
同じハンドボール同好会のキャプテンは、当時メニューにはない特大を頼んでました。
  
完全にいってましたね。 
 
ある種、青春の味、想い出の味と言いましょうか。
 
淡くもなく、儚くもなく、こってりなのです。

2020年8月25日 (火)

斜め懸垂

米朝ウィーク二日目。昨日に続いて今日も勉強しに行きました。

終演後、米朝事務所のギャラ日ということに気づき、事務所へ行くことに。

「雀喜さん、今月はノーギャラです」と言われないかとドキドキしながら歩いていると、

向こうから自転車に乗った知った顔のオジサン。専門学校の同級生のGさん(68)でした。

夏休みでしばらく会っていなかったので、お茶にお誘いしました。

ギャラをもらいに行ってる間(ギャラあった!)、近所の公園で待っててもらい合流。

この方とは、いつも懸垂の話で盛り上がるので、お互い動画を撮り合いっこしました。 

クラスの掲示板にもあげはるやろうから、中国語で喋っています。

「皆さん、こんにちは。桂雀喜と申します。みなさん、」ブチッ。

なんで台詞の途中で切るかなあ。ええけど。

そして、モスバーガーで、何を注文して何したのでした。

けど、真っすぐぶらーんとぶら下がれる鉄棒て、なかなかないですねぇ。

昨日も真夜中、近所の公園のブランコの支柱にぶら下がってましたから。

通報されないように気を付けます。

2020年8月24日 (月)

「楽」にいこう

20200824_134745

繁昌亭昼席「桂米朝五年祭」は今日から始まりました。
  
私は30日(千秋楽)に出演させていただきます。
  
いやあ、この頃ボケボケですわあ。
  
・外出から帰って来て、丸メガネの上から黒縁メガネをかけた。
  
・洗髪時、洗顔フォームをコンディショナーと思い、手先に付けた。
   
・サランラップ本体を冷蔵庫に入れようとした。
  
ボケは台本の中だけでいいんですけどねぇ。
  
米朝師匠直筆の「楽」の字を背にして、楽しく喋ります。
  

2020年8月22日 (土)

米朝まつり in 朝日生命ホール

20200822_184441_resized

桂米朝トリビュートということで、漫才をしてきました。(なんで漫才なんやろ)

コロナ禍において、南天兄さんとの打ち合わせはオンラインを多用しました。

パソコンでZOOMというソフトを立ち上げて打ち合わせをします。

台本もパソコンのワードに保存してるので、

打ち合わせをしてるしりから、台詞を書き換えられます。ある意味、便利でした。

しかし、本番当日まで兄さんといっぺんも会わないのも不安なので、

前日は本格中華料理店バーミヤンで打ち合わせをしました。

(ドリンクバーだけ注文して)

もちろん対角線上に座り、ソーシャルディスタンスを取りながら。

千秋楽は歌の出番の方も多かったので、久しぶりに一門が集まったという感じでした。

噺家が寄ったかて、生活が裕福になることはないんですが、

同じ職業の人間がこんだけおるんやと思うと、

安心感というか、心が少し安らぎます。僕だけかな。

漫才は、南天兄さんの天安門広場級のボケのお陰で、

上手くいったと思います。知らんけど。

もし米朝師匠がお元気やったら、今のお客さんに対して
  
どんな風に落語をしはるやろか。
  
昔のままなのか、大胆に変えはるのか。
  
そんなことを思い巡らす一日でした。

2020年8月16日 (日)

ポールが好きな理由

20200815_141751_resized

先日、YouTubeで「お盆企画~ジョン・レノン降臨~」を

生配信したんですけど、久しぶりに彼の楽曲を聴きました。

心に響く歌詞、渋い。けど重い。

下手したら聴いたあと、しんどくなります。

部屋で落語会の着物を用意する時に、聴いたらあきません。

その点、ポール・マッカートニーの曲は明るく軽い。

「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」なんかNHK「みんなのうた」でも

取り上げられてますからね。こちらもYouTubeで聴いてほしいです。

思うにポールは滑稽噺で、ジョンは人情噺なんかな。

新作滑稽噺に軸足を置いている私は、自然とポール寄りになってしまいますね。

いや、入門前まではジョン寄りやったんですよ。生き方も。眼鏡はその名残です。

こないだの配信は久しぶりに「ジョンの魂」に触れましたわ。

2020年8月15日 (土)

長坂堅太郎トリビュート

Photo_20200815121801

本名をトリビュートされちゃいました。

まあ、この名前で落語を作ってるからなんですけど。

今回は生喬(せいきょう)兄さんの発案で、

長坂さんが作った落語を、私を含めて3人が演じます。

お二方が先輩なので私が前座でーす。

コロナ禍により人数に制限がありまして、あと7名いけるそうです。

チラシをクリックして、まるかじり事務局までお電話ください。

2020年8月10日 (月)

山の日

20200810_132255_resized

今日は動楽亭昼席の出番だ。
昨晩も熱帯夜で、あまり眠れていない。
シャキッとするためにインデアンカレーを食べようと思った。
途中に寄るのに都合のいい店舗を調べて、クリスタ長堀店へ。
何年ぶりだろう。汗拭きタオルを用意して、いざ!
あれ?全然辛くない。知らぬ間に味覚がアホになったんか。
まあ、美味しかったから良しとしよう。
心斎橋駅から天王寺駅経由(学割の都合)で動楽亭へ。
割と早く着いたので、ファミマでアイスクリームとコーヒーを購入して、
ネタ帳とにらめっこ。
なるほど~。前日は、こういうラインナップかあ。ペロペロ。
ということは、アレとアレは外して、アレしかないな。
アレをやったが、お客さんとウマが合わなかったようである。
ヒヒーン!

2020年8月 9日 (日)

横浜にぎわい座

20200809_123540_resized

新幹線はガラガラでした。
富士山もマスクを付けてはって、よく見えませんでした。
けど、楽屋のお弁当は美味しかったです。

昼下がりの小路

自宅にいても暑いので、地下鉄に乗って涼むことにした。

学生の特権で、定額乗り放題なのである。

ひゃー!こんなに涼しいのかあ。このまま八尾南駅まで行ったろかと思ったが、

昼ご飯だけは決めていた。千日前線玉川駅のラーメン旭屋である。

一度食べて、いつかまた行きたいと思っていた。

コクのある醤油ラーメン。汁まで飲み干してしまった。(いつもやけど)

少し歩きたくなったので、野田阪神駅まで。

商店街の入口が見えた。「野田新橋筋商店街」

商店街は端から端まで歩きたい性分だ。

ここには昭和があった。

荒物屋。果物屋。薬屋。故郷の茨木市を思い出す。

この商店街には独特のルールがあった。

自転車をこいできたおばちゃんが、商店街の通路のど真ん中に、

人の流れに沿って、駐輪するのである。

それが連なるもんだから、なんか中央分離帯みたいになって、

自然と人が右側通行・左側通行に分かれる。うーん、やっぱり邪魔!

ぼちぼち商店街も終わりかけのところに、

「since1970」と書かれた喫茶店「篝(かがり)」を発見。

1才年下かあ。ほぼ同年代なんで入ろう。

いきなり仁王像がお出迎え。キカイダー01を思い出した。

席に座ってみると、周りは仏像だらけ。

阿弥陀様とお茶してる気分だ。

あとから入って来た胡散臭い不倫カップルがHな話をしている。

バチが当たるぞ。

帰りの地下鉄では、満腹で熟睡。極楽極楽。

「大日行き」が「大日如来」に見えた。

2020年8月 7日 (金)

ジャッキー7中止のお知らせ

Photo_20200807234901

「ジャッキー7」またまた中止になりました。

第2波(やと思う)での中止は結構凹みます。

摂津市の皆さん、お互い生き長らえて、また粗品抽選会でお会いしましょう。

2020年8月 5日 (水)

出身地・吹田市

20200805_120145_resized

生まれ(出生地)は茨木市です。

森高千里さんは茨木市生まれ、熊本県出身です(笑)

JR吹田駅前の呉服屋さんに羽織紐の修繕をお願いしてまして、

取りに行ってきました。その帰り、すぐ近所の「さくらカフェ」へ。

ここは去年11月に高校の同窓会総会に呼ばれて落語をしに行った際、

あるOGから「私、吹田駅前でカフェやってるんです」と

声をかけていただいて、9ヶ月経って寄せてもらいました。(遅っ)

最近ブルース・リーに近づこうと努力してる私にとって、

最適のヘルシーメニュー。そして美味。650円。

また、吹田さんくす寄席の開演前にでもどうぞ。

2020年8月 3日 (月)

持ち込み

20200803_121411_resized

「今日はタイの『カオマンガイ』という料理のランチボックスを販売します」と
ツイッターに載っていたので、平岡珈琲店に出掛けたのです。
すると、あれは誤報で今日はランチボックスは、お休みとのこと。
ビジネス街で売ってるお弁当を持ち込んでもいいですよとマスターが仰るので、
すぐ角の人だかり(密!)で500円のお弁当を買って、お店へ戻りました。
お味噌汁も付いていた(紙コップも)ので、マスターにお湯を注いでもらいました。
さすがにこれで帰ったら、「何しに来たんや!」となるので、
アイスコーヒーとドーナツをいただきました。
20200803_123844_resized_1
8月の「仕事帰りの落語会」はお休みですが、
「生喬まるかじりの会」(19日)と「米朝まつり」は開催予定です。
食後、天王寺経由(学割の都合)で繁昌亭昼席へ向かい、
一席相勤めました。
舞台へ出た瞬間、まあまあ入ってるなと思ったのですが、
それは座席に貼ってある書き割りでした。
マクラの間に生きてる人間を数えたのですが、
聞いていた人数よりかなり少ないように思いました。
コロナを恐れはったんでしょうか。
私たちはコロナより反応のないお客さんを恐れます。
これからは書き割りのお客さんも巻き込んで、
新しい笑いを作らねばと思いました。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30