« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月28日 (月)

笑福亭生喬(せいきょう)兄さん

Photo_20200928171801

生喬兄さんと初めてお会いしたのは、

中津のミノヤホールです。

当時(27年前ぐらい)、ここで三喬・米左二人会が行われていて、

勉強しに行った時に、兄さんも来てはったんです。 

兄さんと同期のここごろう(現・南天)兄さんからは、

落研時代からの付き合いやねんと、よく話は聞いていました。

第一印象は「ムスッとしてはるなあ」

そうかて、ご挨拶した時に、笑顔がなかったですから。

ようやっと分かったのですが、

今でも兄さんは、その日初めて会った時はクールです。

でも打ち上げの終盤には破顔しはります。

もうケンシロウに経絡秘孔を突かれたように。ひでぶっ!

一門関係なく、ちゃんとダメ出しをしてくれはる先輩、

厳しさと優しさが、四畳半に同居しているような先輩です。

そんな生喬兄さんが、長坂堅太郎を取り上げてくれはるなんて、

有難いことこの上ないです。親孝行にもなりますし。

3回シリーズで都合3席やってくれはりますが、

1席でも兄さんの持ちネタになれば、さらに嬉しいですね。

ご予約は、まるかじり事務局 TEL&FAX:06-6713-3082 まで。

2020年9月26日 (土)

客寄席パンダ

20200925_183052_resized

私の2大勉強会の1つ「客寄席パンダ」を半年ぶりに開催しました。

ポイントが10個溜まってて、無料になったお客様がお二人いて、

半年間「次はタダやあ」とずっと待ってくれてはったんやなあとしみじみ。

パンダ新聞の4コマまんがが「ヤモリのペロちゃん」に変わったいきさつも喋りつつの

3席約1時間。短かったかな。いや時間やないですよね。内容ですよ、内容。

内容も、どやったんやろ・・・

肉体改造に取り組んでいるので、出番前は南森町のスーパーKOHYOで、

野菜サラダとおにぎり1個を購入。先にサラダを食べて、次におにぎり。

こうすると太りにくいそうですね。

でも、楽屋のお茶菓子が大好きな阿闍梨餅。

うーん、1個だけ。

2020年9月21日 (月)

百年長屋

20200920_150642_resized

大正三年に建てられた家屋やそうで、
 
現在は改装して、ギャラリーやイベントのスペースになっています。
 
私がちょいちょい伺う愛知県奥三河の民宿「まほろば」も
 
やはり築100年は経っていて、なんか落ち着くんです。
  
古い木材がそうさせると思うのですが、
 
ひょっとしたらそこに住んではった人かな。
 
霊とかではなく、生活みたいなもの。
 
この空間で100年前から会話が弾んでたんやなあと思います。
 
玉造なら、当時は皆さん生粋の大阪弁でしょう。
 
昨日の落語も「訛ってるで」とダメだしされるかな。 
 
そんな家屋から、南天兄さんがオンラインで生配信しはるという
 
昔では考えられないことですね。
 
これからはアナログとデジタルのハイブリッドな時代になるのかもしれません。
 

2020年9月19日 (土)

南天らくご会

Photo_20200919151701

https://nanten-catalog4.peatix.com/?utm_campaign=search&utm_medium=web&utm_source=results&utm_content=%E5%8D%97%E5%A4%A9%3A34.7115%2C135.5544%3A%3A0%3A1610081

玉造の「百年長屋」から南天兄さんがオンライン生配信落語会をしはります。

僕は漫才で誘われまして、ついでに落語もと言われました(笑)

お金が2000円要ります。生々しいなあ。

上記のリンクをクリックして、チャレンジしてみて下さい。

20日(日)の19時30分開演です。 

北京のミーちゃん、武漢のハーちゃんも見てね。

2020年9月15日 (火)

16年間の軌跡

Img_20200915_0001

今日は「仕事帰りの落語会」の前に、

住友病院の定期検査に行ってきました。

僕は「病院帰りの落語会」でした。

16年間の中性脂肪の数値の移り変わりをグラフにしてくれはりました。

今日の数値は76mg/dL

「こんな数値見たことない」と、お医者様に言わしめました。

ブルース・リー師匠のお陰です。

しかし、去年4月の1200mg/dLの金字塔は際立っていますね。

東京スカイツリーみたい。

「急性膵炎で死にまっせ」と言われましたから。

今日は合わせて脳のMRIも撮影してきました。

6月の懸垂の例のアレです。

詳細な結果は12月に出るんですが、

今日の落語の台詞の詰まりようは、MRIの影響にちがいない!

2020年9月14日 (月)

熊猫報紙

1600046197349_resized

中国で印刷してたので、半年間おやすみしてました。(ほんまかいな)
 
今回の落語会はメールでご予約くださいませ。

2020年9月12日 (土)

橋の下

20200912_110955_resized

土曜日の午前、城北公園まで歩いた。懸垂をしに。
 
九月と言っても、まだ日差しはきつく、
 
橋の下に逃げ込んで、涼風に心が洗われる。
 
遠くに見える観覧車は、実家の目印。
 
27年前、淀川を渡って立身出世を決意した。
 
この橋の下の居心地が良すぎて、恐怖を覚えた。
 
(すべてフィクションです)

2020年9月10日 (木)

階段を使おう

20200910_125414_resized

YouTube配信を毎週続けていますが、YouTubeを見てもいます。

特に体づくりの動画にハマっています。

同世代のトレーナーの方の動画は、共感もできて参考になります。

消費カロリー>摂取カロリーを守れば、絶対に痩せます。

でも誘惑が多いんですよね。

家族に「お父さんは、ブルース・リーになるからな!」と宣言してるのに、

食卓にカントリーマアム、チョコチップクッキー、キャラメルコーンが置いてあります。

自分との戦いです。カントリーマアムは個包装でよかった。(一個食べてるやん)

私は、ノープロテイン・ノージム・ノーマネーでやっていますが、

中には、俺は週に一回ジムでバリバリやってるから大丈夫やと安心して、

たくさん食べてる人があるようですが、そういうのはダメみたいです。

日頃のチョビチョビ運動が結構いいみたいです。

その一つが階段です。駅のホームのエレベータに乗ることはまずないですが、

エスカレータがあれば乗ってしまいます。それを最近は乗らずに階段を使っています。

一段飛ばしがいいそうで、それだとエスカレータの人を全員抜かして一等賞です。

話がそれますが、エスカレータを使う人は歩かないでほしいですね。

今、そのキャンペーンやってます。これからは高齢者が増えるので、エスカレータ上で抜かす時に、

接触してお年寄りがこけることもあります。歩く元気があるねやったら、階段使えっちゅう話です。

閑話休題。今日は谷町線天王寺駅のホームから専門学校の教室(4F)までの段数を数えました。暇か。

ホームから地上まで98段。校舎の一階から四階まで57段。計155段。

結構な運動ですよ。家でわざわざスクワットしなくてもいいでしょう。
 
太ももの筋肉が一番大きいので、ここを鍛えるとカロリー消費大です。
 
どうですか皆さん、これからは配偶者・恋人・友人・同級生をほっといて、
 
階段をぴょんぴょんと上がりましょう。
 
一緒に付き合ってくれる人が増えたらいいですね。

2020年9月 9日 (水)

クレージー・パンダ 雀喜3

Photo_20200909172901

秋だ!パンダだ!今年もやります!

9月18日(金)発売です。

繁昌亭窓口は11時に開きます。

(ぴあ店頭は、店舗によって開店時間が違うそうです)

徹夜して並ばなくても、即完売することはないと思いますので、

安心してください。(複雑な気分)

指定席なので、ご希望のお席がおありの方は、

気持ち早めにご購入をお願いいたします。

コロナ禍なので、216席のうち102席しか販売できませんが、

完売したらパンダが逆立ちして、ダンパになって喜びます!

ゲストは、現在動楽亭で長坂堅太郎トリビュート落語会を継続してくれてはる

笑福亭生喬兄さん。当日はどんなネタをしてくれはるのか楽しみです。

さきほど、紙のチラシが自宅に届きました。 

バカバカしさにテンションが上がりますね。

しばらくは冷蔵庫に貼って、楽しもうと思います。

2020年9月 7日 (月)

繁昌亭の向かい

20200907_150013_resized

今日は授業のあと、繁昌亭へ事務手続きをしに行ってきました。

そのあと、向かいの中国粥のお店『葛宝(グゥパオ)』へ入店。

落語ファンの方は『ぐりる樹林亭』の方が馴染みがあるかもしれませんね。

去年やったと思うんですが、樹林亭がお店を閉めることになり、 

オーナーの長年のお友達である大阪朱友外語学院の校長に、お店を託すことにしはったそうです。

朱友外語学院は喫茶『ワーズカフェ』の隣のとんかつ『松のや』のビルの3・4階にあります。

もう目と鼻の先ですね。

朱さんは、オーナーの意志を受け継ぎ、お店の外観は変えないと約束しはったそうです。

葛を使ったお粥が主流で、いろんなバリエーションがあります。ヘルシーですよ。

今日は寺田町で台湾まぜそばを食べたので、タピオカミルクティーにしました。(なんやそら!)

朱さんは気さくな女性で、中国語もいろいろと教えてくれます。

外語学院を開設しはったのが、私の入門年というのにもご縁を感じますね。

繁昌亭ができるずっと前の1993年。この辺はどんな風景やったんかなあと思いを馳せるのであります。

2020年9月 6日 (日)

週末の過ごし方

20200906_125623_resized

土曜日・日曜日は動楽亭昼席の出番でした。

共演者の妙で、二日間とも大入りで嬉しかったです。

日曜日は12時半に楽屋入りして、チラシ挟み込みのあと散歩へ。

あまり西の方へは行かないですね。東へ東へ。

やって参りましたのが天王寺駅。毎日勉強しに来てるとこやん。

よく利用するマクドとロッテリアも見えてるし。

あまりにも気が変わらないので、『てんしば』を抜けることにしました。

家族連れを見かけると微笑ましいですね。あんな頃もあったなあ。

動物園に入場してレッサーパンダを見てる場合じゃないので、茶臼山方面へ向かいました。

途中、散歩しているサギに出くわして、ウゲッ!と思いましたが、 

あの辺は緑も多く、本当に心が和みました。

毎年この時期に、岩手県の遠野に行っていたことを思い出し、

そうかあ、自然に飢えていたんやなと実感しました。

明日からまた学校。モーニングはマクドにしようか、ロッテリアにしようかな。 

2020年9月 2日 (水)

2学期始まる

20200901_125310_resized

夏休み中は、自分が専門学校生やということを完全に忘れてました。

学校からの連絡で、思い出したくらい。

当初9月上旬は、みちのくひとり旅しようと予定も入れてましたし。

(岩手県の人から「来たら焼かれるぞ」と言われ、断念した)

天王寺の喫茶店へは、ちょいちょい涼みに行ってました。定期があるから。

でも2学期が始まるとは思ってなかった。不思議です。

夏休み明けの先生の質問は、日本も中国も一緒。

「夏休みは何して過ごしましたか」
 
天王寺の喫茶店というショボい答えになってしまいました。
  
いや、喫茶店での読書で、新しいアイデアが生まれるはず。
 
今年残り4ヶ月。期待していてください。

2020年9月 1日 (火)

勝負手拭い

20200830_103053_resized

繁昌亭昼席「桂米朝五年祭」千秋楽、喋ってきました。

「看板の一」か「犬の目」を考えてたんです。

この2席は、大学の卒業論文「東京と大阪の笑いの違い」で

実験用に使わせていただいた米朝師匠の落語だったので。

「犬の目」は米朝師匠のとは、大分違います。犬の名前が「ジャッキ」ですし。

ひょっとして私の新作作りの原点かもしれません。 

でも口調は、米朝師匠ですよ。ほんまか。

結局「看板の一」をしたのですが、米朝師匠のようにシュッとはいきませんね。 

今席は7日間のうち、出番の日を含めて5日間顔を出したのですが(ひまか)、

一門の方のネタの選び方など、いろいろ勉強になりました。

コロナウイルスの感染者が減ってきているのかな。 

また、様子を見いもって、落語会にお越しください。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31